休日美容

綺麗になる習い事・教室7選!休日に美を底上げ

綺麗になる教室!休日に美を底上げ

もっと綺麗になりたい!でも何をしていいかわからない!そんな時は綺麗になる習い事で自分を徹底的に磨きあげましょう。この記事では、綺麗になるためにおすすめの習い事をご紹介しています。つぎの休日から早速行動を開始して、とことん綺麗になっちゃいましょう。

1. メイクで化ける!より綺麗に見えるメイクを習う

メイクで化ける!より綺麗に見えるメイクを学ぶ
メイクは女性の武器、といっても過言ではないでしょう。メイクによって相手に与える印象を自在に操ることができるのですから。

しかし、そのせっかくの武器を、うまく使いこなせていない女性が多いのは、本当にもったいない!

ナチュラルメイクのつもりが、ただただ血色のよくない味気ない顔になってしまっていたり、流行の赤リップやチークが妙に浮いてしまっていたり。

自分の顔は自分が一番よく知っている!

たしかに、そうです。しかし一度はプロにメイクを習ってみるのも綺麗への第一歩です。自分では気づくことのできない「もっと綺麗に見える」メイクを、第三者のプロから教えてもらいましょう。

筆者も実際に、プロの方にお任せするまま、ふだんより太眉メイクにしてもらったら、なんだかいつもより美人さんに見えるなぁと自分でも感じました。

メイクを変えるだけで「あれ?前より綺麗になったんじゃない?」は、実現可能ですよ!

全国のメイクが学べる教室【ストアカ】

2. 自分が綺麗に見える色を知っていますか?パーソナルカラー診断

自分が綺麗に見える色を知っていますか?パーソナルカラー診断
面白いですよね、人によって綺麗に見える色って違うんです。

自分に似合う色、自分が綺麗に見える色が、自分の好きな色と同じとは限りませんし、もしかしたら色の選び方で損をしているかもしれないのです。

つまり、色の選び方によっては、自分を綺麗に見せることだってできる、ということ!

ネットでパーソナルカラーが診断できるサイトはいくつもありますが、一度は実際にプロの方に診断してもらうのもおすすめ。

自分に似合う色を知っていれば、メイクやファッションも今より自信がもてるようになります。

髪の毛だって、もしかしたら黒髪より少し茶色を入れたほうが綺麗に見えるかもしれませんし、明るい髪の人は、もしかしたら、もう少し落ち着いた色のほうが似合うかもしれないのです。

全国のパーソナルカラー講座【ストアカ】

3. ファッションで女性は大きく変わる!

ファッションで女性は大きく変わる!
ファッションは自分の好みがあるので、人にとやかく言われる筋合いはない!という方も多いかもしれませんね。

しかし、男女問わず、ファッションによって大きく印象が変わります。

テレビ番組の変身コーナーを見ていても、プロのスタイリストさんによってコーディネートされた服に着替えるだけで、ビフォーとアフターの印象がまったく違いますよね。

「服でこれだけ印象が変わるのかー!プロってやっぱりスゴイ!」と思わずテレビの前で感動してしまいます。

基本的なコーディネートの法則や、より女性らしく、スタイルよく見せるための洋服の選び方など、案外知らないことは多いもの。

ファッションについて学んでみるのも、綺麗になるためのひとつの方法です。

全国のファッションコーディネートが学べる教室【ストアカ】

4. 歩き方・姿勢で美人度アップ

歩き方・姿勢で美人度アップ
歩き方が美しいだけで美人に見えます。反対に、どんなに綺麗な顔をしていても、背中が丸まっていたり、歩くときに足をひきづっていたり、ガニ股だったりすれば、少々残念な感じになってしまいます。

街を歩いていても、「あの人素敵だなぁ」と目をひくのは、スッとした立ち姿勢だったり、歩き方が綺麗な女性。

カフェでぼんやり周りを眺めていても、座っているときに背筋が伸びている女性は、「美しい人だなぁ」と感じます。

空港でCAさんを見かけると「わぁ、綺麗だなぁ」って思わず見とれてしまいませんか?

背中が丸まっていたり、足をひきづって歩いているCAさんは見かけませんよね?

私たちも歩き方を練習すれば、CAさんのような美しい歩き方、姿勢を身につけることができます。

ウォーキングレッスンも、綺麗になるためには一度は受けてみる価値のある習い事です。

全国のウォーキングレッスン・ウォーキング教室【ストアカ】

5. 筋トレ・エクササイズでボディメイク

筋トレ・エクササイズでボディメイク
ウエストがくびれていて、お尻がプリッとしていて、ほどよい筋肉のついたまっすぐな脚。最近はボディメイクのために筋トレをする女性が増えているそうです。

筋肉は脂肪より重いので、体重は大きく変わらないかもしれません。しかし筋肉がなければ代謝はどんどん下がっていってしまい、痩せにくい身体になる一方。

正しい筋トレやエクササイズを習慣にすることで、理想の身体に近づくことができ、太りにくい身体を手にいれることができます。

定期的にパーソナルトレーニングや、スポーツジムのエクササイズに参加する方法もありますし、一度レッスンを受けて、自宅で継続して行う方法もあります。

全国のボディメイク教室【ストアカ】

6. 食事を見直してインナビューティー

食事を見直してインナビューティー
私たちの身体は食べたものでできています。そして、食事を変えるだけで、肌が美しくなったり身体の調子がよくなったりします。

実際に筆者は毎日のように食べていた菓子パンをやめて、肌の調子がよくなりました。ときには食べますが、それでも現在は月に1、2回です。

そして抗酸化作用のある高カカオのチョコレートやトマト、鮭を積極的に食べています。

栄養について学ぶこと、美容や健康にいい食事、料理を学ぶことは、綺麗になるためには避けて通れません。

外から何かを付け加えるだけでなく、身体の中から綺麗を底上げしていきましょう。

全国のインナービューティ教室【ストアカ】

7. 髪は印象を大きく左右する!ヘアアレンジやヘアケアを学ぶ

髪は印象を大きく左右する!ヘアアレンジやヘアケアを学ぶ
ファッションと同様に、その人の印象を大きく左右するのが髪。髪の毛がボサボサしていれば清潔感を感じませんし、髪がぺちゃんこでは老けた印象を与えてしまいます。

じつは以前、少し後ろの方から前を歩く女性を見ていて、そのファッションから20代ぐらいの女性なんだろうなぁと、なんとなく思い込んでいました。

しかし段々その女性に近づくにつれ「あれ?もしかして若くない?」と思ったのです。

「なぜそう思ったのだろう?」と思い返してみると、女性の髪でした。

年齢があがってくるにつれ、髪質が変わってくるのは仕方がないことかもしれません。しかし、この出来事をきっかけに、髪によって老けても見えるし、若見えさせることだってできるのだなぁと実感しました。

ヘアアレンジやヘアアイロンの使い方はYouTubeなどでも見ることはできますが、実際にプロに教えてもらうほうが、当たり前ですがわかりやすく、習得しやすいです。

ヘアアロンジの方法を知っていれば、ちょっとしたパーティーにも自分でアレンジをして出かけることができますし、ちょっとふんわり巻くだけで、美人が底上げされます。

面倒くさがらずに、髪には手をかけてあげましょう。

全国のヘアアレンジ教室【ストアカ】