不思議なくらい心がスーッとする断捨離

そうじをしたい!片付けたい!だけどやる気がでない・・・。そんな人はきっとたくさんいることでしょう。人を動かすのは思考ではなく、感情です。「そうじしなきゃ。片付けなきゃ。」と頭で思っているだけではダメ。「そうじしたい!片付けたい!」と心からそう思うこと。今回ご紹介する『不思議なくらい心がスーッとする断捨離』は、心からのアプローチによって、「今すぐ部屋のなかのものを捨てたい!部屋をきれいにしたい!」そう思わせてくれる本です。断捨離をすると、自分の心にどんな変化が起こって人生にどんないいことが起こるのかを、教えてくれています。

断捨離とは?

断捨離とは、モノを捨てて片づけることで、心のガラクタもスッキリさせ、人生をごきげんにする方法です。

いらないモノを捨てる、という発想を逆転させ、自分にとって必要なモノをしぼりこむ。こうやって「見える世界を整えていく」と、やがて自分の心や運気といった「見せない世界」に影響がでてきます。

そして人生に思ってもいない変化が運ばれてきて、就職や転職、結婚など、人生がガラリと変るような転機が訪れることもあるのです。

モノを捨てることによって、こんな変化が!

著者のやましたひでこさんの元へは、断捨離を実践した人たちからの報告が届きます。その報告のなかで目立つのが、恋愛に関しての報告なのだそう。

モノを捨てるということは、自分にとって必要なモノを受け入れるスペースをつくること。必要なモノだけが流れ込むのではなく、必要な人も流れ込んでくる、ということ。

もちろん恋愛の面だけでなく、ダイエットや美容面、金銭面、仕事に関しても、うれしい変化がおとずれた、そんな人たちの事例が紹介されています。

さぁ、部屋の「つまり」をとって、人生の流れを変えましょう。

キレイな部屋から自信がうまれる

散らかっている部屋にいると、自分にふさわしいのはこの程度と、自己評価をさげてしまいます。キレイな部屋にいることが、自信につながるのです。

また断捨離では、入ってくるものも厳選します。「まぁ、いいか」と感じるモノでなく、「お気に入り」「とっておき」を受け入れます。このように自分の好きなモノに囲まれることで、自己評価が高くなり、自分が好きになります。

断捨離をやってみよう!

モノが減ることで、片づけも楽になります。さぁ、さっそく捨てるところからはじめましょう!断捨離では「使えるか、使えないか」ではなく「使うか、使わないか」で決めます。モノは、使うからこそ意味があるのです。使えるのに使わないのは、自分にとって必要なモノ、厳選したモノとは言えません。

部屋が片づくと「いい気」がいっぱい

部屋がいらないモノであふれて悪い気で満ちていたら、そんな部屋で「なにかいいことないかな〜」と思っているだけでは、なにも起きません。まずは目の前のいらないモノを捨てる!そして、「なにかいいこと」は天におまかせして、ごきげんな気分で人生を楽しく過ごしましょ♪

モノを捨てたらいいこがいっぱい?!「不思議なくらい心がスーッとする断捨離」を読むと掃除がしたくなる!
ホリデーノートのおすすめ