休日の過ごし方

東京でのちょいユニークな休日の過ごし方11選

東京でのユニークな休日の過ごし方

公園に行ったりショッピングしたり、話題のスポットへ足を運んでみたり・・・ふつうのおでかけには飽きた!そんな方に、一味ちがった東京での休日の過ごし方をご紹介しています。さぁ、ユニークな休日の過ごし方を楽しみましょう。

1. 羽田空港で旅行気分を味わう

羽田空港で旅行気分を味わう
飛行機には乗らないけど、羽田空港へ遊びに行くのって楽しい!旅行気分を味わえて楽しい!

おいしい食事が楽しめるレストランも増えてきて、またお土産店をのぞけばおいしいスイーツも販売しています。

そして展望フロアへ行けば飛行機を眺めることもできます。

とくに国際線ターミナルには「江戸小路」というスポットがあり、江戸の町並を再現。25店舗ほどのレストラン・カフェ、そして10店舗ほどのショップもはいっています。

ずんだシェイクで有名な「ずんだ茶寮」、お抹茶や、ほうじ茶ソフトクリームなどいただける「茶寮 伊藤園」、うどんの「つるとんたん」、そして「吉野家」では羽田空港限定の高級メニュー「牛重」がいただけると話題!

羽田空港で旅行気分を味わいながらランチを食べて、ショッピングを楽しんで、展望フロアから飛行機を眺めて・・・疲れたらカフェで一休み。

そんな休日、いかがですか?

2. 東京大学のレストラン・カフェで食事する

東京大学のレストラン・カフェで食事する
日本一の大学といえば、東京大学!ですよね。

その東京大学の構内にはレストランやカフェがあり、一般の人も利用できるんです。

学生気分で構内を歩きながら、お食事やカフェの時間を楽しむのもまた、楽しい休日の過ごし方ですね。

「廚菓子くろぎ」は、和スイーツがいただけるカフェ。日本料理の名店「くろぎ」が運営するカフェで、店舗は隈研吾氏によるデザイン!夏にはかき氷が人気、そして夏以外でも定番で人気があるのは名物の「蕨もち」です。

素敵すぎる和カフェで過ごす休日のひととき、いかがでしょうか。

また「椿山荘カメリア」では本格フレンチがいただけます。こちらは、歴史を感じる建物「東京大学伊藤国際学術研究センター」内にあるんです!

コスパがいい!と評判なので、休日のランチにおすすめです。

3. 東京駅で旅行気分を味わう

東京駅で旅行気分を味わう
最初に「羽田空港で旅行気分を味わう」とご紹介しましたが、今度は東京駅です。

東京駅の改札を通った先には、それはそれはたくさんのショップやレストランがあり、ひとつのショッピングモールといっても過言ではありません。

「東京ラーメンストリート」には有名店を含めたラーメン店が8店舗ほど集まり、「東京キャラクターストリート」では、テレビ局のショップをはじめキャラクターグッズやスイーツが購入できます。

そして「グランスタ」にはなんと90ほどのショップが揃っており、有名なスイーツ店も集まっています。

しかし筆者の一押しは「駅弁屋 祭」です。

全国各地の有名な駅弁や人気の駅弁を200種類以上取り揃えており、とくに人気のものはあっという間に売り切れるほど。

「駅弁」といえば電車旅の醍醐味ですが、電車に乗らずとももちろんいただくことができます。駅弁を購入して、公園で緑を眺めながらゆっくりと味わう時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

4. はとバスで東京プチ観光

はとバスで東京プチ観光
はとバスってガッツリ日帰り旅行するときに乗るためだけのバスではありません。「はとバス短時間ツアー」というものがあり、短い時間で気軽に利用することができるんです。

一番短いもので60分。本当にバスで東京をドライブするという感覚ですが、2階建のオープンバスのツアーなら、いつもとは違った東京の景色を楽しむことができるでしょう。

そして3時間ぐらいのものなら、東京観光を楽しんだり、東京湾クルーズが楽しめるものなど様々。また夜景を楽しめるツアーもあります。

「そういえば東京に住んでるけど、観光名所ってあんまり行ったことがないなぁ・・・」という方は、はとバスを使って東京プチ観光を楽しんでみてはいかがでしょうか。

東京駅から発着しているツアーが多いので、先に紹介したように、日中は東京駅で駅弁を買って公園で食べ、夜にははとバスで夜景観光、なんていう休日のプランも楽しいですね。

5. 水陸両用バス スカイダックでアトラクション気分

水陸両用バス スカイダックでアトラクション気分
はとバス以外にも東京を観光するバスがあります。それは、真っ赤なオープンデッキの2階建バス、通称「スカイバス」。東京の街を歩いていると、たまに見かけることもあるのではないでしょうか。

じつは「スカイバス」だけでなく、水陸両用の「スカイダック」も運行されており、普通のバスとして東京の街を走っていたかと思いきや、川、もしくは海へ突入し、アトラクション気分のスプラッシュが楽しめます。

お台場や東京スカイツリー、また横浜みなとみらいなどのコースがありますので、お好きなコースで水陸両用バスを体験してみてはいかがでしょうか。

6. 東京タワーを階段でのぼる

東京タワーを階段でのぼる
東京のシンボル「東京タワー」へのぼったことはありますか?エレベーターで展望フロアまでのぼるのが一般的ですが、毎週土曜日、日曜日、祝日には階段でのぼることができるんです!

フットタウン屋上から、150mのメインデッキまで続く約600段の外階段を開放し、外の景色を楽しみながらの特別コース。のぼり切ったら、「ノッポン公認 昇り階段認定証」がもらえます。

運動不足を感じている方は、東京観光も楽しめて運動もできる、東京タワーの「昇り階段コース」にぜひトライしてみてくださいね。

ちなみに下り階段は毎日開放しています。もちろんエレベーターで降りてもいいのですが、時間がある場合はぜひ下りも階段を利用して、のんびりと景色を楽しみながら時間を過ごしてみては?

1 2