東京を1泊2日で盛りだくさんに楽しむおすすめプラン・モデルコース

当サイトは記事内に広告を含む場合があります。
浅草寺

東京在住の筆者が、とくに初めての東京旅行におすすめの1泊2日プラン・モデルコースをご紹介しています。1日目は王道の観光スポットをめぐり、2日目は「これぞ東京!」というエリアを欲張りにまわります。

目次

東京観光1日目:王道の観光スポットをめぐる

東京観光1日目は、これぞ王道!の観光スポットをめぐります。午前から午後、夕方、夜まで遊びつくしましょう。(時間は目安ですので、臨機応変にアレンジOK)

10:00 東京スカイツリーにのぼる

東京スカイツリー

東京の定番観光スポットのひとつ「東京スカイツリー」。高さ634mの世界一高いタワーです。

単なる展望台ではなく、遊び心いっぱいの展望台です。天望デッキには眺めのいいカフェもあります。

天望デッキにくわえて、さらに上の天望回廊も訪れるなら1時間以上はみておきましょう。

東京スカイツリーのチケット(アソビュー )

東京スカイツリー
住所:東京都墨田区押上1-1-2
アクセス:東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」すぐ/東武スカイツリーライン・東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄浅草線・京成押上線「押上(スカイツリー前)駅」より徒歩5分
https://www.tokyo-skytree.jp/

11:30「東京ソラマチ」でランチ&ショッピング(お土産さがし)

東京ソラマチ

東京スカイツリーの足元にひろがる商業施設「東京ソラマチ」。300以上のお店があつまり、ランチやショッピングに最適です。

東京の主要な観光スポットであることから、グルメスポットには東京の名店も揃います。そしてショッピングスポットには、東京みやげも充実しています。

東京ソラマチにあるレストラン・カフェ(食べログ)

レジャー重視なら「すみだ水族館」へ

レジャー重視の旅行なら、ランチのあとは東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6Fにある「すみだ水族館」へ。土日祝は9時からオープンしているので、早くついて時間を持て余しそうな場合は水族館を訪れるのもいいでしょう。

万華鏡トンネルや、神秘的なクラゲ展示、和の雰囲気漂う金魚展示など、とにかく映える水族館!

白と黒のペンギンソフトなどのオリジナルメニューがいただける「ペンギンカフェ」もありますよ。

すみだ水族館のチケット(アソビュー )

すみだ水族館
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F
アクセス:東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」すぐ/東武スカイツリーライン・東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄浅草線・京成押上線「押上(スカイツリー前)駅」より徒歩5分
https://www.sumida-aquarium.com/

↓東京スカイツリーラインで約3分(とうきょうスカイツリー駅or押上駅→浅草駅)
※東京スカイツリーから浅草まで歩いてもOK(約15〜20分)

13:30 浅草で観光を楽しむ

ランチのあとは浅草へ移動して、東京きっての観光地である浅草観光を楽しみましょう。

賑やかな「仲見世通り」を歩く

仲見世通り

有名な雷門からつづく約250mの参道が「仲見世通り」です。観光気分が盛りあがるストリートなのでぜひ訪れたい場所。

名物の人形焼店や、おだんご屋さん、雑貨屋さんなど、小さなお店が90店舗ほど軒を連ねています。

食べ歩きは禁止ですが、お店の前で食べるのは大丈夫です。

仲見世通り
住所:東京都台東区浅草1-18-1他
アクセス:東武スカイツリーライン・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線「浅草駅」より徒歩3分/つくばエクスプレス「浅草駅」より徒歩10分
http://www.asakusa-nakamise.jp/

東京最古のお寺「浅草寺」を参拝

浅草寺

仲見世通りをぬけると、いよいよ「浅草寺」です。東京で最も古いお寺で、日本のお寺のなかでも参拝客数がトップクラス。

浅草寺といえば、おみくじが有名です。昔ながらのおみくじで凶が多いと言われていますが、実際にはそのほかのお寺がむしろ凶を少なくしているのだそう(以前は大凶があり、筆者も大凶を引いたことがあります…)。

浅草寺
住所:東京都台東区浅草2-3-1
アクセス:東武スカイツリーライン・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線・つくばエクスプレス「浅草駅」より徒歩5分
https://www.senso-ji.jp/

メモ
浅草には老舗の名店がたくさんあるので、東京スカイツリーは展望台だけ楽しみ、浅草へ移動して、ランチをいただくのもいいでしょう。

15:30 水上バスでお台場へ行こう

水上バス

電車移動より料金はかかりますが、せっかくの東京旅行なので水上バスで約1時間かけて、浅草からお台場(「お台場海浜公園」で下船)へ行きましょう。

水上バスはただの移動手段ではなく、一種のエンターテイメント。川から眺める東京の景色にワクワクするだけでなく、さまざまな橋をくぐるのも魅力です。

混雑する時期には当日券が売り切れる可能性もありますので、事前予約がおすすめです。

浅草 水上バスのりば
住所:東京都台東区花川戸1-1-1
アクセス:東京メトロ銀座線「浅草駅」より徒歩1分/東武伊勢崎線「浅草駅」より徒歩1分/都営地下鉄「浅草駅」より徒歩3分
https://www.suijobus.co.jp/cruise/asakusa/

水上バス「お台場海浜公園」の発着地からは、お台場の景色を楽しみながら、つぎの目的地である「フジテレビ本社」へ向かいましょう。15〜20分ほど歩きます。

17:00 フジテレビ本社を見学

フジテレビ本社ビル

日本を代表するテレビ局のひとつ「フジテレビ」。テレビでも目にしたことがあるであろう、特徴的な建物を見ただけでも「フジテレビだー!」と大興奮するでしょう。

球体展望室「はちたま」がメインの観光スポットですが、それ以外にも一般に開放されているエリアがあります。

キャラクターショップでお土産を購入するのもいいですね。

フジテレビ本社ビル
住所:東京都港区台場2−4−8
アクセス:ゆりかもめ「台場駅」より徒歩3分/りんかい線「東京テレポート駅」より徒歩5分
https://www.fujitv.com/ja/visit_fujitv/

18:30 海が見えるレストランでディナー

お台場エリアには海を眺めながら食事ができるレストランがたくさんあります。

カフェ ラ・ボエム お台場

アクアシティお台場の4Fにあるレストラン「カフェ ラ・ボエム お台場」。窓際の席からはレインボーブリッジと東京タワーという、「これぞ東京!」という景色を眺めることができます。

新鮮で安全な食材にこだわったイタリアンを提供。カジュアルに利用できます。

カフェ ラ・ボエム お台場(OZmall)

20:00 お台場海浜公園で夜景を楽しむ

お台場海浜公園
昼間のお台場海浜公園

東京湾に面して広がる「お台場海浜公園」はリゾートの雰囲気ばつぐん。見どころの多い公園でもあります。

砂浜が広がる「おだいばビーチ」や自由の女神像を間近にのぞむ「スカイウォーク」、レインボーブリッジや東京タワーを眺める「展望デッキ」、ビュースポットとして人気の絵になる「桟橋」もあります。

お台場海浜公園からの夜景
お台場海浜公園からの夜景

夜景を楽しむにも最高スポットで、ライトアップされたレインボーブリッジを眺めながら海沿いを歩いてみてはいかがでしょうか。

東京のいい思い出になること間違いなしです。

お台場海浜公園
住所:東京都港区台場一丁目
アクセス:ゆりかもめ 「お台場海浜公園駅」「台場駅」より徒歩3分/りんかい線 「東京テレポート駅」より徒歩10分
https://www.tptc.co.jp/park/01_02

東京観光2日目:東京の王道エリアをめぐる

1日目は観光スポットを中心に巡ったので、2日目は東京らしい都会的な雰囲気を味わえるエリア(新宿・渋谷・原宿)を巡りましょう。

東京駅や羽田空港からアクセスのいい新宿に宿泊する方も多いと思いますので、2日目の朝は新宿からスタートするプランにしました。

東京は交通の便がいいので、もちろん新宿に宿泊していなくても問題なしのプランです!

9:30 【新宿】東京都庁の無料展望室へ

東京都庁

東京都庁はじつに個性的な形をしています。設計を手がけたのは、世界的に有名な建築家である丹下健三。パリにある「ノートルダム大聖堂」を模していると言われています。

東京都庁の45階は無料で楽しめる「展望室」になっています。高層ビルが立ち並ぶ新宿だけあり、高さ202mから眺める景色はカッコいい!

東京都庁 展望室
住所:東京都新宿区西新宿2-8-1
アクセス:「新宿駅」西口より徒歩10分/都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」すぐ
https://www.yokoso.metro.tokyo.lg.jp/tenbou/index.html

メモ
1日目に東京スカイツリーの展望台に登ったから、展望スポットはもういい!という方は、朝9時から新宿御苑を散策するプランはいかがでしょうか?

↓JR山手線で約7分(新宿駅→渋谷駅)

11:30 【渋谷】MIYASHITA PARKでランチ&買い物

MIYASHITA PARK

渋谷に移動してランチタイムにしましょう。

「MIYASHITA PARK」は屋上に広がる気持ちのいい公園やホテル、商業施設からなるスポットです。開放的な商業施設なので、旅行気分も盛り上がりますよ。

「MIYASHITA PARK」には多くの飲食店が入っており、東京初心者さんのランチタイムにおすすめ。

東京みやげにピッタリのお店も入っているので、ブラッとショッピングするのも楽しいです。

MIYASHITA PARK
住所:東京都渋谷区神宮前6-20-10
アクセス:JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東京メトロ半蔵門線・銀座線・副都心線、東急東横線・田園都市線、京王井の頭線「渋谷駅」より徒歩3分
https://www.miyashita-park.tokyo/

14:00 キャットストリートを歩きながら原宿へ

キャットストリートを歩く

「MIYASHITA PARK」のすぐ近くからキャットストリートが伸びています。

キャットストリートは渋谷と原宿のあいだに伸びる約1kmの遊歩道。個性的なショップやカフェが軒を連ねており、筆者も渋谷と原宿を行き来する際によく歩きます。

しかし「MIYASHITA PARK」前にのびる明治通りを歩けば、そのまま原宿につきます。

どちらを歩くかは好みですが、都会的な雰囲気を味わいたければ、明治通りを歩いていきましょう。

14:30 原宿散策を楽しむ

トレンド発信地の「原宿」には、映えるカフェやショッピングスポットが目白押しです。1泊2日の東京旅では、ひとまず原宿らしい雰囲気を味わいましょう。

竹下通りを歩く

竹下通りを歩く

とにかく人が多い竹下通りですが、「これぞ原宿!」という雰囲気が味わえるので、一度は歩いてみるのもおすすめ。

映えるスイーツも増えてきましたが、竹下通りではやはりクレープを食べておきたいですね。「サンタモニカ」は竹下通りに2店舗かまえるクレープ店です。

サンタモニカクレープ(食べログ)

コスメ好きは「@cosme TOKYO」

@cosme TOKYO

日本最大のコスメ情報サイト「アットコスメ(@COSME)」の旗艦店「@cosme TOKYO」は、コスメ好きならワクワクすること間違いなし。

プチプラコスメからデパコス、スキンケア、へアケア、メンズまでさまざまなラインナップで数多くの商品が並びます。テスターが楽しめるブースも充実しています。

@COSME TOKYO
住所:東京都渋谷区神宮前1丁目14-27
アクセス:JR「原宿駅」より徒歩1分/東京メトロ「明治神宮前駅」2・3番出口より徒歩1分
https://www.cosme.net/flagship/

15:30 明治神宮を参拝

明治神宮

時間に余裕があれば、「明治神宮」を参拝して1泊2日の東京旅のしめくくりです。

賑やかな原宿にあるとは思えないほど、神聖な空気が漂う「明治神宮」は、第122代天皇の明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社です。

明治神宮のおみくじには吉凶が書かれておらず、明治天皇と昭憲皇太后様が詠まれた和歌などが書かれています。

明治神宮の一の鳥居の前には、緑に囲まれた癒しのカフェがあるので、足休めにもどうぞ。

明治神宮
住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1
アクセス:JR山手線「原宿駅」より徒歩1分/東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前駅」より徒歩1分/小田急線「参宮橋駅」より徒歩3分/東京メトロ副都心線「北参道駅」より徒歩5分/JR・都営大江戸線「代々木駅」より徒歩5分
https://www.meijijingu.or.jp/

東京1泊2日!航空券なら格安チケット比較・予約「エアトリ」

格安航空券の比較・予約アプリ「エアトリ」

ikkoさんのCMでおなじみの「エアトリ」は、国内の格安航空券を比較して予約ができるアプリです。

国内航空券最大88%OFF、エアトリプラスならホテルとセットで最大70%OFF。

航空券をできるだけ安くおさえて、東京での滞在を思いっきり楽しみたい!という方は、ぜひアプリをダウンロードして航空券の検索を行なってみてくださいね。

「エアトリ」をダウンロードする

以下の記事では、東京観光におすすめのフリー切符や一日乗車券をご紹介しています。

あわせて読みたい
東京のおすすめフリー切符・一日乗車券!観光・お出かけに お出かけ大好きな東京在住の筆者が、東京観光やお出かけにおすすめのフリー切符・一日乗車券を、特徴をまじえてご紹介しています。旅行で東京を訪れる方、休日に東京でお出かけを楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
よかったらシェアしてね!

電子書籍『わたしをご機嫌にする休日』

わたしをご機嫌にする休日

2024年1月、はじめての電子書籍『わたしをご機嫌にする休日〜ひとりの休日が好きになる39の過ごし方〜』を出版しました。

Kindle Unlimitedに登録している方なら0円で読めるので、お手にとっていただけますと幸いです。

この記事を書いた人

ワクワクを届ける休日メディア「ホリデーノート」を運営/Yahoo!ニュース エキスパートで執筆/マインドフルネス・アドバイザーコース ディプロマ取得/電子書籍『わたしをご機嫌にする休日』出版

目次