休日の過ごし方

疲れをとる休日の過ごし方9選

疲れをとる休日の過ごし方

だらだらと、なーんにもしない休日のほうが、返って疲れる!なんてことはありませんか?疲れと言っても、身体の疲れあれば、精神的な疲れ、そして最近増えている脳の疲れがあります。休日はとにかく疲れを取りたい!そんな日の休日の過ごし方をご紹介しています。

1. 体を動かす・適度な運動

体を動かす・適度な運動
激しい運動はやっぱり疲れてしまいますが、休日になにもせずに過ごすより、軽く体を動かしたほうが疲れがとれやすいと言われています。

体を動かすことで血液の循環がよくなり、疲労を回復させることができる、というもので、あくまで無理をしない程度の運動です。

筆者の周りを見ていても、たしかに運動の習慣のない人のほうが疲れやすいですし、ふだんから運動の習慣がある人のほうが活動的で活き活きしているように感じます。

どうしても運動が苦手だという人は、家事でもOK!

とくに掃除はいい運動になりますし、部屋も綺麗になり一石二鳥。部屋は心を写す鏡とも言われますから、部屋が綺麗に片付いていれば、心のモヤモヤもどこかへ飛んで行ってしまうでしょう。

2. 自然と触れ合う

自然と触れ合う
疲れを取りたい休日にどこかへお出かけをするなら、自然と触れ合うことができるスポットがおすすめです。

森林など自然のある環境に行くと疲れが回復するというのは、科学的にも実証されており、それは自然界に存在する「ゆらぎ」によるもの。

人は「ゆらぎ」のある場所では疲れにくいのだそうです。

つまり、ふだんコンクリートジャングルで過ごす時間の長い人は、自然に触れ合う機会の多い人よりも疲れやい傾向にある、とも言えますね。そのような方は、休日には意識して自然と触れ合える場所を訪れるようにしてみてはいかがでしょうか?

サイクリングがてら自然のある場所へ出かければ、いい運動にもなり、より疲れを取るには効果的かもしれません。

3. ぬるめのお風呂にはいる

ぬるめのお風呂にはいる
ふだんは湯船につからない人も、休日にはぜひ湯船に浸かって疲れを癒してください。ただし、熱いお湯では反対に疲れてしまう可能性がありますので、ぬるめのお湯というのがポイントです。

熱いお湯では交感神経が高ぶってしまい興奮状態となります。一方で、ぬるめのお湯につかれば副交感神経働くので、リラックできます。

そして、ぜひ炭酸系の入浴剤も忘れずに!

筆者も「炭酸入浴剤 きき湯」を湯船に入れていますが、炭酸入浴剤は血管を広げ、血行を促進させてくれるのです。

疲労回復は血流をよくするのがポイントですから、炭酸入浴剤をいれたぬるめのお風呂にはいることで、疲れが取れる、というわけなのですね。

4. ビールを飲む

ビールを飲む
休日の夜の晩酌はぜひ、ビールで!

といっても飲みすぎては元も子もありませんが、なんとビールに含まれるホップには疲労回復の効果があることがわかっています。

そしてまた、ホップには女性ホルモンと似た働きをするフィストロゲンが含まれており、エストロゲンの減少による女性の不調を和らげてくれるのです!

ホップは、ビール特有の苦味や香りをだすもので、ノンアルコールビールにも含まれています。ですので、アルコールを控えたい方は、ノンアルコールビールでもOK!

筆者もいくつかの種類のノンアルコールビールを飲みましたが、一番ビールっぽさを感じるのは「アサヒドライゼロ」でした。

酔いたくないけどビールが飲みたい!なんてときには、ノンアルコールビールも試してみては?

5. とにかく笑おう!

とにかく笑おう!
気の合う友達と会ってたくさん笑うのもいいですし、お笑いDVDを見て笑うのもいいでしょう。今はネットで笑える動画もたくさん見つけることができますね。

笑うことは、体の疲れにも心の疲れにも効果があると言われています。

笑うことによってNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化して免疫力が高まり、ストレスに強くなります。そしてまた、笑うと副交感神経が優位になり緊張がほぐれリラックスできるのです。

たしかに、たくさん笑った楽しい時間はあっと言う間で、それがどんなに長い時間でも疲れを感じないですよね?

もし一人で過ごす休日に、お笑いDVDを見る気もしないし・・・というのであれば、口角をあげるだけでもOKです。

口角をあげることで、幸せホルモンであるセロトニンが分泌されます。このセロトニンが、疲労感をうみだす活性酸素の除去を促してくれるというのです。

そして口角をあげることで副交感神経が優位になり、やはりリラックスを促します。

さぁ、休日にはたくさん笑って、体も心も元気になりましょう。

1 2