おでかけする休日

東京でおすすめの庭園13選

小石川後楽園

休日にはゆっくりと庭園を散歩するのはいかがですしょうか?無料で入園できる小さな庭園から、大きな庭園まで、東京でおすすめの美しい庭園をご紹介しています。庭園に足を運ぶと着物を着た女性を見かけることもあり、着物を着てのお出かけにもぴったりです。

8. 目白庭園(目白)

目白庭園
目白の住宅街にある日本庭園で、開園は平成2年と新しい。庭園に続く通りはどこかしら趣のある通りとなっており、気分を盛り立ててくれます。そして、行き着くと、立派な長屋門がお出迎え。

けっして広くはないけれど、入場は無料。そしてなによりも、手入れが行き届いていることを感じさせる、とても綺麗な庭園。浮き見堂のある景色や小さな滝のある風景、そして、数奇屋建築の『赤鳥庵』がたたずむ光景はとても美しい。

『赤鳥庵』は、茶道・華道といった催し物にも利用が可能で、その場合は事前に予約が必要となります。

目白庭園
住所:東京都豊島区目白3-20-18
アクセス:JR「目白駅」徒歩5分
開園時間:午前9時〜午後5時(7・8月は〜午後7時)
休園日:毎月第2・4月曜日(祝日にあたる場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
HP:http://www.seibu-la.co.jp/mejiro-garden/

9. 六義園(駒込)

六義園
江戸の名園を今に残す六義園は、和歌の趣味を基調とする「回遊式築山泉水」の大名庭園。広い庭園内には多くの見所があり、時間のある休日に、ゆっくりと園内をまわりたい。売店では、付近のベンチに座ってお団子を食べる方の姿が見られ、とても趣を感じる光景。

見所の一つである”渡月橋”は、「和歌のうら 芦辺の田鶴の鳴声に 夜わたる月の 影そさひしき」のウタから名づけられた石の橋。2枚の大岩が、周りの雰囲気をぐっと引き締めてくれます。

また、園内に存在する茶屋。吹上茶屋、つつじ茶屋、滝見の茶屋といった茶屋が醸し出す風流な雰囲気に、ついたち入ってしまう。吹上茶屋ではお抹茶セットがいただけるのも嬉しい。六義園の散策にちょっと疲れを感じた頃、その身体を癒すべく、そして、その場の雰囲気に酔いしれながら、ぜひお抹茶をいただきたい。

六義園
住所:東京都文京区本駒込6-16-3
アクセス:JR・地下鉄南北線「駒込駅」徒歩7分/地下鉄三田線「千石駅」徒歩10分
開園時間:午前9時〜午後5時(入園は〜午後4時40分)
休園日:年末年始(12月29日~翌1月3日)
HP:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html

10. 新宿御苑(新宿)

新宿御苑
明治39年に皇室の庭園としてつくられた新宿御苑。戦後は国民の公園となり、現在は入園料を払って入園することができます。 自然にふれたいとき、のんびりデート、ゆったり散歩、ベンチで読書・・・。 とても綺麗に整備された新宿御苑は、新宿という賑やかな場所にありながら、入園料が必要な事もあってか、また飲酒禁止、遊具禁止などの規則のためか、人もそう多くはなく穏やかな時間がながれます。

アルコールの持ち込みは禁止でも食べ物の禁止は書かれていないので、お弁当をつくっていったり、新宿のデパ地下で美味しいお弁当を買って新宿御苑で食べる、なんていう、太陽の下の休日ランチもおすすめ。

新宿御苑には日本庭園やフランス庭園、イギリス庭園などさまざまな美しい庭園があり、異なった表情で楽しませてくれます。またスタイリッシュな外観の大温室もあります。

新宿御苑
住所:東京都新宿区内藤町11番地
アクセス:JR・京王・小田急線「新宿駅」より徒歩10分/東京メトロ「新宿三丁目駅」より徒歩3分/東京メトロ「新宿御苑前駅より」徒歩5分ほか
開園時間:10/1〜3/14 午前9時〜午後4時30分/3/15〜9/30 午前9時〜午後6時(ただし7/1〜8/20は午前9時〜午後7時)※入園は30分前まで
休園日:毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)/年末年始(12月29日~翌1月3日)
HP:http://fng.or.jp/shinjuku/

11. 毛利庭園(六本木)

毛利庭園
六本木ヒルズの敷地内にあり、テレビ朝日本社に隣接する憩いの庭園。池を中心にした、江戸時代の庭園を再現しています。毎年冬にはイルミネーションで彩られ、春には桜の名所として人気をあつめています。

毛利庭園
住所:東京都港区六本木6-10
アクセス:東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口より徒歩すぐ/都営地下鉄大江戸線「六本木駅」3出口より徒歩4分
開園時間:7:00~23:00(ライトアップ:日没後 )

12. 明治神宮御苑(六本木)

明治神宮御苑
明治神宮へは参拝に訪れたことがあっても、御苑を訪れたことがある人はそれほど多くないかもしれませんね。しかし、御苑にはパワースポットとして、一時は大人気となっていた「清正の井戸」があり、「清正の井戸」目当てに足を運んだ方はいらっしゃるかもしれません。

明治神宮御苑といえば、例年6月中旬ごろに見頃を迎える美しい花菖蒲が有名です。花菖蒲は明治天皇の思し召しにより昭憲皇太后のために植えられたもので、6月には開園時間を延長し、多くの観覧者が訪れます。

明治神宮御苑
住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1
アクセス:JR山手線「原宿駅」「代々木駅」、小田急線「参宮橋駅」、東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前駅」、東京メトロ副都心線「北参道駅」が最寄り駅
開園時間:3月〜10月 9時〜16時30分/11月〜12月 9時〜16時/6月 8時〜17時(土日は18時まで)
HP:http://www.meijijingu.or.jp/midokoro/2.html

13. 大田黒公園(荻窪)

大田黒公園
公園という名前ですが、立派な日本庭園です。しかも入園が無料!園内はいってすぐのイチョウの木の並木道に心を奪われます。

音楽評論家の大田黒元雄氏の屋敷跡地につくられた庭園で、秋には紅葉の名所としてもよく知られています。見頃を迎える時期には夜間のライトアップも実施され、幻想的な紅葉の美しさに惚れ惚れ。

緑が多くとても気持ちがいいので、園内のベンチに座ってお弁当を食べたり、静かに本を読んで過ごすにもおすすめです。

大田黒公園
住所:杉並区荻窪3丁目33番12号
アクセス:JR中央線・地下鉄丸ノ内線「荻窪駅」南口より徒歩10分
開園時間:午前9時から午後5時(入園は午後4時30分まで)
休園日:年末年始(12月29日から1月1日)
HP:https://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/kouen/02/ogikubo/1007133.html

1 2