おでかけする休日

東京でおすすめの庭園13選

小石川後楽園

休日にはゆっくりと庭園を散歩するのはいかがですしょうか?無料で入園できる小さな庭園から、大きな庭園まで、東京でおすすめの美しい庭園をご紹介しています。庭園に足を運ぶと着物を着た女性を見かけることもあり、着物を着てのお出かけにもぴったりです。

1. 旧古河庭園(上中里・西ヶ原)

旧古河庭園
バラの庭園とも呼ばれる旧古河庭園。テラス式の洋風庭園には、春と秋に見事なバラが咲き、洋館の雰囲気と相まって、まるで外国にいるかのような気分を味わうことができます。

このように”洋”のイメージが強い旧古河庭園ですが、園内には立派な日本庭園も存在します。その日本庭園を手がけたのは、小川治平衛(1860〜1993 年)という京都の庭師。庭園の中心には心字池があり、池を囲むように、雪見灯篭、大滝、枯滝、奥の院型灯篭が配置されています。

旧古河庭園
住所: 東京都北区西ヶ原一丁目
アクセス:JR京浜東北線「上中里駅」より徒歩7分/東京メトロ南北線「西ヶ原駅」より徒歩7分
開園時間:午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
休園日:年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)
HP:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index034.html

2. 旧芝離宮恩賜庭園(浜松町)

旧芝離宮恩賜庭園
浜松町駅を降りてすぐのところにある「旧芝離宮恩賜庭園」は、江戸最古の大名庭園。見所も多く、その一つが「雪見灯籠」です。

園内をプラプラと歩き、その雪見灯籠の前へさしかかろうとしていた時、園内整備の方と思われる気のよさそうなおじちゃんが声をかけてきました。「この雪見灯籠のあたりが一番の景勝スポットなんだよ。写真撮ってあげるよ?。」と。ということで、遠慮なく写真を撮っていただいたのですが、やはり景勝スポット!思い出に残る一枚となりました。

そして、ともすると見逃しがちな「大山頂上」。大山頂上はちょっと小高い山となっていて、庭園を一望できるスポットなのです!風も気持ちよく、しばらくはその場を離れたくない気持ちに。
その他、園内入ってすぐのところにある「藤棚」。夏には風鈴の音色が心地よく、藤棚が暑さをしのいでくれます。

旧芝離宮恩賜庭園
住所:東京都港区海岸一丁目
アクセス:JR山手線・京浜東北線「浜松町駅」北口より徒歩1分/都営地下鉄大江戸線・浅草線「大門駅」より徒歩3分/ゆりかもめ「竹芝駅」より徒歩10分
開園時間:午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
休園日:年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)
HP:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index029.html

3. 旧安田庭園(両国)

旧安田庭園
両国にある小さな庭園、旧安田庭園。駅からも近く、国技館や江戸東京博物館にも近い場所にあります。そして、無料というのが嬉しい!両国散歩の際には、休憩がてらぷらっと立ち寄って、ベンチでくつろいだり、のんびり散歩といきたいところですね。

実際、園内には地元の方でしょうか、木陰で読書をする方の姿も見られ、なんだか風情がありました。そこにはベンチはなく、なにやら大きな石に座り、一人読書にふけっていたのですが、きっとこの方のベストポジションなんだなぁ、と微笑ましく眺めてしまいました。

旧安田庭園
住所:東京都墨田区横網1-12-1
アクセス:JR総武線「両国駅」西口より徒歩5分/都営大江戸線「両国駅」より徒歩7分
開園時間:4月から9月は9:00~19:30/10月から3月は9:00~18:00
休園日:年末年始

4. 清澄庭園(清澄白河)

清澄庭園
明治の代表的「回遊式林泉庭園」である清澄庭園。大きな池の周りをゆっくり歩きながら移り変わる景色を楽しんでいると、日本情緒を醸し出す数奇屋造りの「涼亭」が現れます。この涼亭は、明治42年に国賓として来日した英国のキッチナー元師を迎えるために岩崎家が建てたもので、昭和60年の全面改装工事を経て今に至ります。

庭園内には、いたるところに岩崎家が全国各地から集めた名石が配置されており、石のそばには番号がふられた札が植えつけられています。また季節によって変わる四季折々の花を楽しむことが出来ます。

清澄庭園
住所:東京都江東区清澄二・三丁目
アクセス:都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」より徒歩3分
開園時間:午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
休園日:年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)
HP:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html

5. 小石川後楽園(飯田橋・水道橋・後楽園)

小石川後楽園
まるで迷路のように、「あ、こっちにも道がある」と、冒険心をかきたてられながら、静かな時が流れる園内を、小さなワクワクという、動の気持ちが時より顔を出しながら歩く。そして、途中立ち止まっては、その美しい光景を前にし、穏やかな気持ちを再確認しながら、満足げに庭園鑑賞。

園内のすべてを見たいと思い、この道、あの道、と、歩いては見たものの、そんなことをしていては日が暮れてしまうんではないか、とも思い、小さな道は途中省略しつつ、それでも十分すぎるぐらいの満足度。

要所要所に見所があり、橋一つをとっても、朱塗りの「通天橋」、水面に映る形が満月のように見えることは由来の「園月橋」、どこかの田舎を思わせるような、小さな板が八つ連なった「八つ橋」、などと、その様式もさまざまな橋がお目見え。そんな、橋以外にも、本当に多くの見所があり、面白いなと思うのは、稲田。かわいい衣装を着たかかしが建っているその姿を見ると、思わず笑みがこぼれてしまい、なんだかホッとした気持ちを味わうことができます。

小石川後楽園
住所:東京都文京区後楽一丁目
アクセス:都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」C3出口より徒歩3分/JR総武線「飯田橋駅」東口より徒歩8分/東京メトロ東西線・有楽町線・南北線「飯田橋駅」A1出口より徒歩8分/JR総武線「水道橋駅」西口より徒歩8分/東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」中央口より徒歩8分
開園時間:午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
休園日:年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)
HP:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index030.html

6. 国会前庭(国会議事堂前駅・霞ヶ関・桜田門)

国会前庭
国会議事堂の正面に延びる大きな通りをはさんで、南側が和式庭園、北側が洋式庭園となっています。洋式庭園は、ヨーロッパの庭園を思わせるつくりとなっており、ベンチが置かれ、キレイに整備された花壇、そして池がある広場が印象的。また、その広場から見える絶景も見逃せない!園内には、「三権分立を表す時計台」、「日本水準原点標庫」なども存在します。

場所は変わって和式庭園。洋式庭園と近い場所にありながらも異なる趣が面白い。藤棚や橋、池、といった日本庭園らしいものの姿が見られ、そして、自然がいっぱい。特に”水”。規模は大きくないが、しいて言えば小川なのだろうか?そんな水の流れがとても心地よく癒されます。

国会前庭
住所:東京都千代田区永田町1-2
アクセス:地下鉄「国会議事堂前駅」より徒歩4分/地下鉄「霞ヶ関駅」「桜田門駅」徒歩6分
開園時間:午前9時~午後5時30分
休園日:年末・年始(12月29日~翌年1月3日まで)
HP:http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/kensei/zentei.htm

7. 浜離宮恩賜庭園(新橋・汐留)

浜離宮恩賜庭園
周りを見渡せば東京タワーや高層ビルが見えるところに東京を感じる「浜離宮恩賜庭園」。園内はとにかく広く、三百年の松、ボタン園とお花畑、将軍お上がり場、お伝い橋、中島の御茶屋、などなど見所も満載です。御茶屋では和菓子つきのお抹茶(有料)をいただけ、庭園を眺めながらお茶をすすり、ホッと一息つきたいところ。

浅草」「両国」「お台場海浜公園」「葛西臨海公園」などへと発着する水上バス発着場があり、船で隅田川から東京の風情を楽しみつつ、「浜離宮恩賜庭園」へやって来るのもいいですね。

そして、年間パスポート。汐留という場所柄、お昼時となれば、近くに勤務するサラリーマンやOLさんが年間パスポートを利用して、園内でお昼を楽しむ姿も見られます。

浜離宮恩賜庭園
住所:東京都中央区浜離宮庭園1-1
アクセス:JR「新橋駅」より徒歩12分/都営大江戸線・ゆりかもめ「汐留駅」より徒歩7分/都営大江戸線「築地市場駅」より徒歩7分
開園時間:午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
休園日:年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)
HP:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index028.html

1 2