千と千尋の神隠し

たてもの園でタイムトリップの休日<前編>では西ゾーンを中心に紹介しましたが、後編では東ゾーンを紹介していきます。 東ゾーンでは、昔の商家・銭湯・居酒屋などが並び下町の風情を楽しむことができ、前編の邸宅エリアとはまた違った世界を体験できますよ。 それでは、映画「千と千尋の神隠し」のモデルになった「子宝湯」から!

子宝湯

千と千尋の神隠し

こちらが、映画「千と千尋の神隠し」のモデルになった「子宝湯」です。
「子宝湯」は1929年(昭和4)に開業した足立区千住の銭湯で、施主の出身地である石川県から気に入った職人をつれてきてつくらせたもの。

子宝湯

このまま本当に銭湯として営業したら面白いだろうな〜なんてことを考えたくなりますね。

子宝湯

脱衣所です。

子宝湯

女湯です。

男湯と女湯の境にあたる部分にはめこまれている”タイル絵”は、大正から昭和にかけて東京の先進的な銭湯が取り入れたスタイルです。
ほとんどが九谷焼で焼かれています。

また、写真奥にみえる男湯に描かれているペンキ絵、題材は風景が多く、なかでも富士山の絵が最も多いのだそう。

鍵屋(居酒屋)

鍵屋(居酒屋)

台東区下谷の言問通りにあった居酒屋です。
手頃な値段でうまい酒が飲める鍵屋は、まちの人々、職人、サラリーマン、芸人などに支持されました。

鍵屋(居酒屋)

「いらっしゃい!」なんて居酒屋ごっこはいかが?

大和屋本店(乾物屋)

大和屋本店(乾物屋)

大和屋本店(乾物屋)は、写真右側のたてもの。
港区白金台に1928年(昭和3)に建てられた木造3階建ての商店で、戦前の乾物屋の様子を再現しています。

大和屋本店(乾物屋)

鍵屋(居酒屋)での居酒屋ごっこにつづいて、お買い物ごっこはいかが?

江戸東京たてもの園のさまざまな、たてもの他

万世橋交番

万世橋交番

正式名称は須田町派出所。神田の万世橋のたもとにあったものをトレーラーでそっくり運びました。

都電7500形

都電7500形

渋谷駅前を起終点とし、新橋・浜町中ノ橋・(神田)須田町まで走っていた車輌です。

上野消防署(旧下谷消防署)望楼上部

上野消防署(旧下谷消防署)望楼上部

1970年(昭和45)まで使用された望楼(火の見櫓の近代版)です。

江戸東京たてもの園
住所:東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
アクセス:JR中央線「武蔵小金井駅」「東小金井駅」からバスで5、6分/西武新宿線「花小金井駅」からバスで5分
たてもの園でタイムトリップの休日<後編>いよいよ千と千尋の神隠し
ホリデーノートのおすすめ