83-1

スペースクリアリングが聞き慣れない方でも、断捨離は聞いたことがあるかと思います。 ガラクタを整理することは、単に部屋がスッキリして綺麗になるだけではありません。 心や身体にもいい影響を及ぼしてくれるのです。 片付けなきゃ、捨てなきゃ。 わかっていても、その一歩が踏み出せない。 わかります、とっても。 やることがいっぱいの日々で、ついつい後回しになってしまうのですよね。 そんなアナタにおすすめの一冊が、「ガラクタ捨てれば自分が見える(Amazon.co.jpで詳細を見る)」。 次の休日にえいやっとガラクタ整理をするためにも、ぜひ読んでほしいと思います。

Amazonのレビューを見ても・・・

”居ても立ってもいられず、玄関の靴入れを片づけ始めてしまいました。”
”整理好きな僕だが、この本読んでCD90枚を売った”
”読んでいる途中から片付け始め、読んで片付け読んで片づけしているうちに、家中のものを整理していました。”

と、片付けはじめた人たちのレビューで溢れています。

「ガラクタ捨てれば自分が見える」の著者カレン・キングストンさんは、風水とスペースクリアリングを研究し、建物のエネルギー浄化の先駆者として知られています。

ガラクタを整理すると人生にどのような素敵な効果を及ぼすか、逆に、ガラクタが、人生にどのような悪い影響を与えるのか。

ガラクタを片付けることがどれほど大切なことであるか、ということをわかりやすく説いています。

さて、ガラクタがある場所はエネルギーが滞り、うまくいかない、とのことですが、本書には、簡単な「風水定位盤」が描かれていて、自分の住まいのどこがどのように人生に影響を与えるのかを知ることができます。

私も自分の住まいを思い浮かべると、ずっと心にひっかかっていたスペースがありました。
そこは、もの置き場のようになっていて、いるもの、いらないものが詰め込まれている収納スペースです。
「風水定位盤」によると、その場所には”旅行”と書かれています。

いつか整理しなくちゃ、と思ったまま、扉で隠れて見えないからいいかと放っておいたのですが、たしかに今の家に引っ越してから、旅行らしい旅行はとんと無沙汰で、近頃はそのことで悶々としていたのです。

すぐにそのスペースを片付けはじめたのは、言うまでもありませんね。

Amazonのレビューには、片付けたことによって早速いい効果があった方もいるようです。

”この本を実践して変わったことは、一番に営業成績が上がったことです。”
”片付けをしてから、訪れた変化は、まず仕事が見つかったことです。”
”懸賞に当たるようになった(実戦してから3回くらい懸賞に当選。)”

なにも予定がない休日は、家でゴロゴロもたまにはいいですが、スペースクリアリングで新しい自分に生まれ変わってみませんか?

<スペースクリアリング後日談(2014年9月追記)>
「風水定位盤」によって「旅行」となっていた場所を片付けた約4ヶ月後・・・
なんと、仕事をかねてシンガポールへちょっぴりなが〜い旅行に行けることになり、シンガポールへ行きました!
(4ヶ月後といっても、実際に旅行の話がでたのはスペースクリアリングの2ヶ月後ぐらい!)
それまで国内はおろか2年以上旅行へ行く機会がなかったにもかかわらず、です。
これもスペースクリアリングのおかげでしょうか。

タグ : ,
スペースクリアリングで部屋が変わって自分も変わる!
ホリデーノートのおすすめ