新宿御苑

明治39年に皇室の庭園としてつくられた新宿御苑も、戦後は国民の公園となり、現在は入園料を払って入園することができます。 自然にふれたいとき、のんびりデート、ゆったり散歩、ベンチで読書・・・。 とても綺麗に整備された新宿御苑は、新宿という賑やかな場所にありながら、入園料が必要な事もあってか、また飲酒禁止、遊具禁止などの規則のためか、人もそう多くはなく穏やかな時間がながれます。

アルコールの持ち込みは禁止でも食べ物の禁止は書かれていないので、お弁当をつくっていったり、新宿のデパ地下で美味しいお弁当を買って新宿御苑で食べる、なんていう、太陽の下の休日ランチもおすすめ。

入園料は大人200円(2014年9月現在)

新宿御苑

動物園のチケットを買うように、入口には入園券の自動販売機があります。

新宿御苑

そして今度は、駅の自動改札のようなところを通りぬけて・・・。
思ったより近代的なんですよ、新宿御苑。

新宿御苑をのんびり散歩

新宿御苑

新宿御苑は、日本庭園やフランス庭園、イギリス庭園などさまざまな顔をみせてくれます。
日本人だからでしょうか、日本庭園はやはり落ち着きます。

新宿御苑

バラが咲くのはフランス庭園。

新宿御苑プラタナスの並木

そして同じくフランス庭園のエリアにはプラタナスの並木道。

旧洋館御休所

旧洋館御休所

旧洋館御休所は、明治29年(1896年)に建てられました。
温室付属の洋館で、皇族が温室を訪れる際に休憩をする場所で下が、その後増築を繰り返し、大正13年(1924年)にほぼ現在の姿となり、ゴルフやテニスのためのクラブ・ハウスとして使われた時代も。

戦後は、平成6年(1994年)まで新宿御苑の管理事務所として使われていましたが、平成13年(2001年)に保存・改修工事を行い、一般公開されています。

新宿御苑の大温室

新宿御苑の大温室

このカッコイイ建物は2012年11月にリニューアルが完成した大温室です。

新宿御苑の大温室

入園料200円で、広大な新宿御苑の自然を楽しめて、さらには大温室まで楽しめるなんて、安いもんです!わざわざ「大」温室とつくからには、小さくはありません(笑)。

新宿御苑の大温室

ちゃんと高低差もあり冒険心もくすぐられます。

新宿御苑
住所:東京都新宿区内藤町11
アクセス:JR・京王・小田急線「新宿駅」南口より徒歩10分/東京メトロ・都営地下鉄「新宿三丁目駅」E5・C1・C5出口より徒歩5分/東京メトロ「新宿御苑前駅」出口1より徒歩5分
新宿御苑でお弁当ランチもよし!大温室や庭園散歩もよし!
ホリデーノートのおすすめ