285-2

休日はちょっぴり贅沢なランチで自分を喜ばせよう。 とはいっても、ステーキをがっつりほおばるじゃなくて、フレンチやイタリアンに舌鼓・・・でもなくて。身体が喜ぶ美味しいごはん。身体が喜べばココロも喜んで、ハッピーな休日を過ごせます♪ そこで今回ご紹介するのは、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」4番出口から1分ほどのところにある、AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)内のAKOMEYA厨房さんです。

AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)とは

米屋であって、米屋でない。
AKOMEYA TOKYOでは、厳選したお米をその場で精米し販売します。
しかしそれだけではございません、お米を美味しく食べるためのごはんのお供や器、ごはん周りのいろいろを用意しているお店です。

1階には、おもにお米、ごはんのお供、食品の販売。それらは誠実に作られたほんものにこだわったもの。そして奥にはAKOMEYA厨房。2階には、器や調理道具などが広い店内にズラリと並びます。

また主に週末、「利きの会」などの食にまつわるイベントを開催しています。興味のある方は、AKOMEYA TOKYOのホームページを要チェック!

小鉢8品がいただける小鉢膳

ちょっぴり贅沢な休日ランチ AKOMEYAの小鉢膳

1階奥のAKOMEYA厨房では11時半から14時までのお昼の時間に小鉢膳をいただけます。
小鉢が8品(日替わり)に、土鍋で炊いたごはん、お味噌汁、お漬物がつき、お値段は1,800円+税(2014年10月現在)。贅沢!!とまではいかない、ちょっぴり贅沢!なお値段も休日ランチにちょうどいい。

お盆の上には、8つの小鉢のラインナップが書かれた紙も添えられていたのでご紹介しますと・・・

●キノコと菊のお浸し
●鰤の生七味風
●秋刀魚のXO醤添え
●カニしんじょう
●蕪の鶏そぼろ添え
蛸と胡瓜の梅和え(品切れになったのでしょう、柿に胡麻味噌のようなものがかけられた品に変わっていました)
●茄子と豚肉のなめ味噌炒め
●サーモンのフリット

お肉もあってお魚もあって、野菜はもちろんのこと、キノコもありつつ果物まで。
一度にこんなにたくさんの食品がいただけるなんて身体はきっと「ありがとー!」と大喜びしているに違いありません。なんだかイイコトをした気分になってココロもハッピーになって、なんだかもう「やったー!」。

こんなに本格的な和のお食事を、カジュアルな雰囲気でいただける気軽さも、休日ランチにとってもオススメ。次の休日は、銀座をブラブラ散歩するついでに、お昼はAKOMEYA厨房の小鉢膳を堪能しませんか?

AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)
住所:東京都中央区銀座2-2-6
URL:http://www.akomeya.jp/
タグ : ,
ちょっぴり贅沢な休日ランチ AKOMEYA厨房の小鉢膳
ホリデーノートのおすすめ