女子力があがる休日の過ごし方

休みの日にまとめて本を読む時間をつくる。 傍らに美味しいコーヒーや紅茶を準備して、そこがダイニングでもベッドの中でも、どこでもいいから、ひたすら本を読みふける。図書館で借りてもいいし、会社帰りに本屋さんに寄っても。 さて。どんな本を読みますか? 今回はズバリ!『妄想旅行』にこだわってみました。

旅の紀行文を読む

部屋にいながらして、海外へのトリップ気分を味わえる旅の紀行文。

ホリデーノートがおすすめする、妄想旅行へ連れて行ってくれる本をチラリとご紹介させていただきます。

  • ホノカアボーイ
    ホノカアボーイ

    著者の吉田玲雄さんが、ハワイ島の小さな村ホノカアの映画館で、数ヶ月の間、映写技師として働くことになった体験談。この本を読んでいる間だけは、忙しい日常を抜け出し、気分はホノカアに。のんびりとしたホノカアの情景が目に浮かんできます。

  • 泣いて笑ってスリランカ
    泣いて笑ってスリランカ

    紅茶のプロになる!と、スリランカへ、1年間の紅茶修行へ旅立った末広美津代さんの紀行文。末広さんのガッツが気持ちよく、スリランカの人々のあたたかさが伝わってくる、心地のいい本です。

»紀行文・旅行記のベストセラー(Amazon.co.jp)

タグ :
本を読んで妄想旅行にでかけよう
ホリデーノートのおすすめ